大阪人のマナー

他地方からもとやかく言われる大阪人のマナーについて検証するとともに、元大阪人である私から見た大阪の実情を交えて解説する。
当然、大阪人のマナーは良いか悪いか、と言われたら「悪い」と答えるしかあるまい。しかしこれも地域差がある。
公共マナーを語るには「割れ窓理論」を抜きでは語れない。あらゆる犯罪、ルール違反を犯しやすい空気がその場所その場所で出来上がっているか否か、それによってマナーの悪い地域とそうでもない地域がはっきり分かれるからだ。

“大阪人のマナー” の続きを読む

大阪人とたこ焼き

大阪とは切っても切り離せない「ゴールデンコンビ」となった食べ物、それが「たこ焼き」。
いまや大阪だけのものではなく全国的に庶民のおやつ、おかずの一品として定着したこの食べ物がなんで「大阪」と頑なに結び付けられるに至ったのか。それを検証しよう。

“大阪人とたこ焼き” の続きを読む

大阪のオバチャンの生態

がめつい、うるさい、化粧が濃い、世話焼き…
そんな「大阪のオバチャン」伝説の数々は日本中に知れ渡っている。
そのキャラはもはやブランド化してしまったくらい強烈なイメージである。
だが、それらのイメージも誇張されていたり、そもそも前提からして違っていることが多々ある。
こういうのばかりが大阪のオバチャンではないという例をいくつか紹介していこう。

“大阪のオバチャンの生態” の続きを読む

大阪はたんつぼと言い放った「森喜朗」

◆バブル崩壊前の1988年の演説時に大阪はたんつぼと言い放った「森喜朗」
言わずと知れた「失言宰相」森喜朗前総理大臣。
いや、石川県民やん、全然大阪人ちゃうやん、という話であるが、まあいい、許せ。
ちなみに大阪の銭湯経営者は石川県人が多いのだ
数多くの失言伝説は記憶にも新しいが、森は大阪に対してもたいそう失礼な発言を行っている。

“大阪はたんつぼと言い放った「森喜朗」” の続きを読む