連続変死事件!少年監禁少女売春!擬似家族!家族喰いの街「尼崎」を知る

家族喰い――尼崎連続変死事件の真相

時折根拠もよくわからないながら「人情の街」などとも形容される大阪の下町ゾーン。人情も時には人間同士の助け合いになる事もあれば裏返って「刃傷の街」となって傷つけ合いになる事もあり、こうした下町では人間関係における付かず離れずの器用な付き合い方を常々学ばなければと思う次第である。

そんな濃密かつ解釈次第では有難迷惑な「人情」がダークサイドに堕ちてしまい、人と人との繋がりが信頼関係の「絆」ではなく恐怖と支配、主従関係の「腐れ縁」であったらそれは人生における大きな損害となり、時には命すら落としてしまう事も起こり得る。

角田美代子と沖野玉枝

1999年から2011年までの間に死者・行方不明者15人、未だに全容解明しきれない「尼崎連続変死事件」、そして2013年に発覚した「尼崎中3男子監禁事件」…

「尼崎市」という兵庫県に属しながら大阪人情下町ゾーンの一角に占めている地域で起きた2つの事件は、まさしくダークサイドに堕ちた緊密な人間関係の末に起きた悲劇なのかも知れない。共通するのは1人の女を頂点とした暴力と恐怖支配によって保たれた「擬似家族」。

人の弱みを握り、血の繋がっていない人間同士が養子縁組を繰り返したり、同じマンションの一室で住ませたり、一家離散させ財産を根こそぎ奪い尽くしたり、そして用が済めば追い詰めて殺す事までも…

角田美代子のような一見するとどこにでも居そうな下町のオバチャン面をしながらも、内面に恐ろしい闇と鬼の顔を隠した化け物がそこかしこに住んでいる街、それが尼崎なのだ。

◆尼崎市について◆

尼崎市 阪神尼崎駅前

大阪市の中心部「梅田」からJRや阪神電車で僅か10分、兵庫県最南東部に位置し大阪市西淀川区に隣接している。江戸時代までは旧尼崎藩の城下町だったが戦前から工業都市として発展、近代紡績工場の拠点となり電話回線を大阪市内から引いた名残りで市外局番が大阪市と同じ「06」になっている。

特に戦後の尼崎市は阪神工業地帯の中核として大規模工場密集地帯となり、沖縄・奄美・朝鮮などからの労働者が集住、身元不明者が数多く集まり、またそれらの人間を取りまとめる手配師(人夫出し)や有象無象の輩、暴力団員が集まる一大アウトロー地帯になったが、平成の時代に入り工業が衰退すると福祉の街としての性質を帯びるようになる。

同じ兵庫県の神戸などの他都市よりも大阪市湾岸部や西成区といった地域と結びつきが深く、生活保護受給者の多さといった諸問題もおおよそ共通している。人口は約44万8千人(2013年12月現在)で、最盛期だった1970年の55万人よりも10万人以上減少している。


  • 尼崎連続変死事件「角田美代子」の生きた痕跡
  • 尼崎に現存するちょんの間地帯と「角田美代子」
  • 尼崎連続変死事件の現場はいま2013歳末編(1)
  • 尼崎連続変死事件の現場はいま2013歳末編(2)
  • 尼崎連続変死事件の登場人物まとめ(1)
  • 尼崎連続変死事件の登場人物まとめ(2)
  • 尼崎連続変死事件の登場人物まとめ(3)
  • プチ角田美代子現る!尼崎中3監禁事件の現場を訪れた(1)
  • プチ角田美代子現る!尼崎中3監禁事件の現場を訪れた(2)

※一部のコンテンツはDEEP案内編集部のnote有料版に移行しました。

西成の高齢者住宅職員「ジジババから貯金ふんだくって監禁虐待しまくり!ボロい商売やで!」

引用元: 大阪、入居者の金を不正引き出し 高齢者住宅、虐待も常態化 – 47NEWS(よんななニュース)

これも西成の「貧困ビジネス」、弱肉強食の現実。この「高齢者向け賃貸住宅」、入居者の金銭管理をしていながらその通帳を破棄するなどして金を不正に引き出したりしていたようで、「24時間介護スタッフが常駐」などと謳いながら実際には入居者に虐待行為やネグレクトを行っていたとの事です。

あくどいですねー。そもそも貧民窟西成で「ロイヤル花園」なんてネーミングセンスがキテますけどね。場所はこちらです。

大阪市西成区花園北1-9-29

南海線沿い、今宮中学校のすぐ南隣。独居老人の皆さん悪徳業者には気をつけましょう。本件の詳細は大阪市HPで閲覧できます。

大阪市:高齢者向け賃貸住宅「ロイヤル花園」における高齢者虐待について



ドキュメント西成百景

此処に来れば年がら年中「派遣村」状態!
日本最大の日雇い労働者の街「釜ヶ崎」を抱え、平成日本で唯一暴動が発生する場所、日本中からありとあらゆるワケありの人種が集うリアルサファリパーク…これが「西成」や!!

1990年の第22次西成暴動の映像

“ドキュメント西成百景”の続きを読む